Frederick William Frohawk -  フレデリック・フロホーク(1861-1946)

英国ノーフォーク出身の動物画家、鱗翅類研究家。20歳の時に当時非常に有名だった自然植物雑誌「The Field」の動物学画家とてして依頼を受け、彼の基盤となるキャリアを積む。蝶に関する作品は非常に高い評価を受けており、現在残っている作品は、 ロンドンの自然史博物館にて展示されている。
才能にあふれ、多くの作品、書籍を創出してきたフロホークは油絵、水彩、色鉛筆など様々なメディアを使用する。リソグラフや彫刻家としての才能にも恵まれており、特に鳥の生態に対する知識は彼の作品に大きく影響し本の出版や雑誌掲載も多い。

ここで紹介している作品は、「Aves Hawaiienses: The Birds of the Sandwich Islands」という本に掲載されていたもので、現在では絶滅危惧種となっている種類が数多く作品として残されており、学術的にも非常に貴重な資料となっているもの。 WIKIページ(英語)

※フレーム付サンプル画像は現在制作中です。