William Horak ● ウィリアム・ホラック

1985年から1992年までの間ハワイ在住たっだホラックは、島々の地質研究を行うフィールドエンジニアでした。人里離れた山奥や道なき山々での調査は、彼の感性を刺激下だけではなく、より深いハワイの歴史、文化、人々への敬愛、環境への理解へと繋がっていきました。

本土に戻ってからホラックは、ハワイへ戻ることを熱望し、その想いを何らかの形で表現したいと思うようになります。アーカイバル・カートグラフィー技術を使い、ハワイの歴史や言語と組み合わせたノスタルジックなアートワークの創作を決意し、フィールドエンジニアとしての経験も生かし、ハワイアンマップシリーズの制作にとりかかります。
現在も、定期的にハワイを訪問し、長期滞在しながら更なるノスタルジックハワイアンアートの創作を続けています。